2012年02月29日

お寺に泊まった話

前の記事でも書きましたが、彼女の実家が、奈良の新薬師寺のすぐそばなんです。
国宝の十二神将で有名なお寺です。

で、すぐそばだから、そのお寺の人とも彼女は小さい頃から知り合いで、
そこの宿坊にも、二人で泊まったことあります。
(宿坊っていうのは、お寺の中で泊まれる場所です)

印象的だったのは、お風呂が五右衛門風呂だったこと(笑)。
五右衛門風呂っていうのは、鉄の釜のお風呂だから、
釜に触るとやけどします。
なので、床だけは木の板を沈めて、その上に立って入浴します。

…という話を親から聴いてたから、
五右衛門風呂を見た時はマジでビビりました。
だけど、五右衛門風呂の浴槽を使っているだけで、
実際は水道からお湯を入れていたので、安心しました。
(当たり前か。笑)

朝食は精進料理だったけど、普通においしかったですね。
ちょっと変わった旅をしたい人に、宿坊はおすすめですよ☆  


Posted by 城マニア  at 13:49Comments(0)

2012年02月28日

新薬師寺の話

彼女の実家の、もう目と鼻の先に、新薬師寺はあります。
新薬師寺っていうのは「十二神将」の像があることで有名です。
十二の像のいくつかは国宝で、
他も全部重要文化財だったと思います。

何度も行ったくせに記憶があいまいですみません(笑)。
でも、そういう知識系のものはないけど、思い出は沢山あります。

ここの中の茶屋とか、彼女と散歩がてら、よくお邪魔しましたよ。
甘酒がめっちゃうまかった。秋や冬に行くと、いつも甘酒頼んでます。
冷え性の彼女は、夏でも頼みますけどね(笑)。

堂の中はそんなに広くないけど、(東大寺とかと比べたら、そりゃそうか。笑)
その分、十二神将たちがかなり近い距離で感じられて、
むしろこのくらいの広さの方がいいな、っていつも思います。

新薬師寺のことは、これからもっと書いてきますね。  


Posted by 城マニア  at 09:54Comments(0)

2012年02月27日

彼女と奈良の思い出について

僕の彼女は出身地が奈良なんで、よく二人で奈良行きます。

何度も行ったので、どれがいつだったかよく覚えていないけど、奈良に関してはかなり詳しい方なので、その思い出話を、このブログでは色々書いてこうと思います。

(別に「思い出話」って言っても、もちろん、彼女とはまだ付き合ってますけどね。笑)

とりあえず、この記事はあいさつがわりみたいな感じですが、大体僕がどんな場所を回ってきたかっていうと、彼女が奈良市の中心部にある高畠っていうところの出身だったんで、(新薬師寺とか、白毫寺がすぐそばにあるところです)



彼女の実家に遊びにいったついでに回った、主に奈良市内のお寺の数々について書くことになると思います。

いわゆる、南都七大寺ってやつですね。


あとは、可愛い顔して結構凶暴な、奈良公園の鹿の実態とか(笑)。

では、読んでくださる方、これからよろしくお願いします!  


Posted by 城マニア  at 11:16Comments(0)